調剤薬局の薬剤師はインフルエンザにかからないの?

私は調剤薬局勤務の薬剤師です。

今年はインフルエンザの患者さんが多くて、インフルエンザの薬であるイナビルが処方されることが多いです。

イナビルは1回吸入すれば、インフルエンザの治療としては終了するので便利ですが、インフルエンザと診断されたら、出来るだけ早く吸入する必要があり、自宅に帰る前に調剤薬局内でイナビルを吸入していただくことが多いです。

先日、よく来られる患者さんにイナビルの吸入を手伝っていた時、「大変な仕事ね。」と言われました。

薬剤師は毎日インフルエンザの患者さんの近くでお薬の説明等するので、インフルエンザにかかる確率が高い職業だと思います。

では、私はこの仕事してから、インフルエンザになったことはないです。

もちろん、インフルエンザ予防接種は受けています。

インフルエンザにかからないように気を付けているのは、インフルエンザの患者さんに接触した時(お薬をお渡しする時)はその後、手の消毒、うがいは調剤室では出来ないので、自前でペットボトルのお茶を持ってきているので、それを口に含みうがいしながらのみこみます。インフルエンザのウイルスを胃まで流し込んで胃酸でやっつけようという考えです。

こんな感じでもインフルエンザにかかっていないので、これでもOKかな。

患者さんにはもちろん、うがい・手洗いに加え、部屋の加湿もお勧めしています。加湿器がなければ、濡れタオルを部屋に干しておくだけでも、部屋の加湿が出来ることもお話しています。

薬剤師はお薬の説明以外にも、日常生活におけるアドバイスが出来る存在でありたいと思っています。

f:id:pink1111:20180214184221j:plain